コレステロールQ&A

コレステロールとは何?役割は?体に悪いもの?

更新日:

コレステロールとは、脂質の1種です。

同じ脂質である飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸と違い、エネルギーとしては利用されません。

コレステロールと聞くと悪いイメージを持ちますが、

細胞膜の材料となる・・・細胞膜が作られないと細胞・血管がくずれてしまう。
ホルモン材料となる・・・ホルモンは体内でさまざまな生理作用を調節しています。
胆汁酸の材料となる・・・脂質の吸収に働く胆汁酸の原料になっています。不足すると脂溶性ビタミンの吸収もダウン。
ビタミンDの材料になる・・・皮膚にあるコレステロールが日光にあたるとビタミンDが合成されます。

といった役割があり、体に必要な栄養素です。

体内では善玉コレステロールと悪玉コレステロールとして存在しており、どちらも体にとっては大事な物質です。

ですが、悪玉コレステロールの比率が多くなると、血液の粘度が上がり、動脈硬化などにつながります💦

コレステロールは毎日必要な栄養素なので、脂肪や炭水化物を原料として体内で一定量を合成する機能があります。

食品からも摂取できますが、いつも一定量となるように保たれています。

なので、コレステロール自体の摂取が少なくても不足することはありません。

コレステロールを多く含む食品は卵類・タコ・イカ・貝類・小魚です。

以前はそれらを食べすぎると血中総コレステロールが増えると言われていましたが、最近の研究ではあまり影響がないという結果もあります

卵類にはレシチン、魚介類にはタウリンや不飽和脂肪酸も同時に含まれており、それらは血中コレステロールバランスを整える効果があると言われています。

一概にコレステロールの多い食品はだめともいいきれません。

「詳しくは↓の記事も見てみてくださいね^^」

-コレステロールQ&A

Copyright© 【緑でサラナの口コミ】1年飲んで高コレステロールに効果が出た私の感想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.